スキゾイドな「ウサキさん」の思考

1人が楽なタイプ。 考え方、思うことは、人それぞれ。 「こんな人もいるんだよ」ってだけの話。

この世は仮面舞踏会。自分という人間を演じているのかも知れない

どんな人がこのブログを書いているのでしょう?

このブログは、どこの誰だか知らないけれど「誰か」が書いているブログです。

このブログを見てくれている人も、どこの誰だか知らない「誰か」です。

 

見えてるものだけが真実とは限らない

このブログを読んでくれている人は「ウサキさん」がどんな人だと想像していますか?

なぜ、そう思うのですか?

 

それはブログやTwitterで「発信した情報」を組み合わせているからですよね。私もそうです。

 

実際に会っていない人は、自分で作り上げた勝手な「イメージ」でしかないんです(笑)

 

「もしかしたら、かも知れない」を考える

もしかしたら…ウサキさんは、おっさんかも知れないし、日本人じゃないかも知れないし、妖精かも知れないですよね。

 

ブログの内容も、全てがウソの可能性もある。

 

「こんな人ですよ」という印象を与えようとしているだけかも知れないし、本当のことを書いているかも知れない。けど、それは誰にもわからない。

schizoid-personality.hatenablog.com

 

ネット上では人は何にでもなれる

ウサキさんは、ネット上では「全く別の人物」として存在することも可能です。

 

自分の目的に合わせた「キャラ設定」をしてるだけかも知れません。

このブログが消えてしまえば、ウサキさんの存在も消えます。

 

儚いですねぇ。

 

この世界すら、もしかしたら「長い夢」なのかも知れないと思うことがあります。

 

どんな印象を与えるか想像する

この記事を読んだ人の中には「頭がおかしい人」だと思う人もいるでしょう。

もしかしたら「深くて、哲学的だ!!」「なんて素敵な人なんだ!!」と思う人もいるかも知れません(笑)

 

こうやって反応を見て、自分と関わる人をチェックして選んで、相手の本性を探っているのかも知れない。

 

でも、相手もそんなことを考えているかも知れない。

 

どこまでが本当の事かは誰にもわからない

本気で言ってるのか?冗談で言っているのか?見抜けますか?

 

ただ1つ、誰かがこの記事を「書いた」ということは事実です。

 

今までの記事も、どこまでが本当の事かは誰にもわかりません。 

ブログは事実に基づく「フィクション」だと思ったほうがいいのかも知れません。

 

信じる信じないかは、あなた次第です。

f:id:Schizoid-personality:20191020010920j:plain

(↑ブログの中でも仮面を付けています)

 

schizoid-personality.hatenablog.com

schizoid-personality.hatenablog.com

schizoid-personality.hatenablog.com


自分という人間を演じているのだとしたら、何にでもなれる。


結局、何が言いたかったかというと…ブログで書くことが思いつかなくて、こんな記事になりました(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村